Rodenberg GASペダルシリーズはドイツ中部の都市フルダにある工房でUlrichRodenbergの手によって作られています。
GASペダルはまるでアンプの一部であるかのように、アンプやギターの持つキャラクターを損なうことなくブーストできるように開発されています。
歪みエフェクターについてはディストーションというよりもオーバードライブに分類されるゲイン設定になっています。
単体機GAS-707はクリーンブースター、GAS-808・909はオーバードライブです。
それらを組み合わせた複合機がGAS-728・827・828、789です。
全ての機種はスタジオ/ライブでの利便性やバーサタイルな音色設定のために考え出されたユニークな機能を備えています。

1991年にRodenberg custom amplificationを立ち上げたウルリッヒ・ローデンバーグのアンプ/エフェクター製作の経歴は16歳のときまでさかのぼります。
ローデンバーグは13歳でギターを弾き始め、16歳のときに初めてのMarshallJCM800を手に入れます。
それはとても優れたアンプでしたが、彼にとっては用途の限られた物でした。
既に電子工学について経験をもっていた彼はフットスイッチによりチャンネル切替、ゲイン増量などの改造を施しました。
電子工学の専門教育を修めるころにはそのアンプは徹底的に研究され尽くしたといいます。
1991年にアンプ製作・修理の仕事を始め、同時にICやマイクロコントローラーを用いた医療用電子機器の開発にも携わってきました。
1996〜8年にはフランクフルトMusikmesseにモーター駆動のコントローラーを備えたプログラマブル・フルチューブアンプを出展し、「最も特別なアンプ」と評価されています。
GASペダルシリーズは2005年に開発され、フラッグシップモデルであるLR-GASはジャズ/フュージョンギタリストのLee Ritenour(リー・リトナー)のリクエストによって作られ、2006年のアジアツアーから現在に至るまで愛用されています。
JeffBeck, Dave Gilmourらにも使われ、弾き手のキャラクターを損なわないクリアかつナチュラルなトーンと高機能性でイギリス・ドイツをはじめとする欧州各国で高く評価されています。

GAS-707
GAS-808
GAS-728
GAS-828
GAS-789