Tao Guitarsはベルギーの首都ブリュッセルでフルアコースティックギターをメインに、製作者2人のほぼ手作業で製作されています。年間の生産本数は限られており、NAMMやMusikmesseなどの大きな楽器見本市に出展したことはなく、まさに隠れた名匠です。工房設立の早い時期からZZTOPのBilly GibbonsらがTao Guitars製作のギターを使っていたことからもその確かな品質がうかがえます。

セルジュとジョンの2人のルシアーが作る楽器は、1950年代の欧米車を彷彿とさせるデザインや、西洋的な中に東洋的な要素を持つデザインと、オリジナルの構造が特徴的です。
音とルックス共にモダンとレトロの要素を絶妙なバランスで持った高品位なものに仕上がっています。

レギュラーモデルはソリッドボディーのT-Bucket、セミアコースティックボディーのDiscoVolante、フルアコースティックボディーのPhaetonですが、製作される楽器は1台1台異なる意匠をもち、サブネームが与えられています。

T-bucket
Phaeton
Disco Volante
Tao Guitar